12:08 2020年10月20日
政治
短縮 URL
0 26
でフォローする

米国のロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官は、新戦略兵器削減条約(新START)を無条件で1年継続するが、核弾頭数の凍結は行わないとするロシアのウラジーミル・プーチン大統領の提案は、問題解決の選択肢にはならないとの見解を明らかにした。

16日、プーチン大統領は、前提条件なしに現行の新STARTを継続することを提案した。

オブライエン氏はツイッターで、「核弾頭の凍結なしに新STARTを継続するとした今日のプーチン大統領の回答は選択肢にはならない」とコメントした。

戦略攻撃兵器の削減と規制(新戦略兵器削減条約)の措置についての露米間条約は2011年に発効され、2021年2月にその効力が消滅することとなる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント