02:35 2021年01月24日
政治
短縮 URL
0 210
でフォローする

日本の菅義偉首相は26日、就任後初の所信表明演説を行い、南クリル諸島(北方4島)の問題に終止符を打ち、露日関係全体の発展を目指す考えを表した。

菅首相は「北方領土問題を次の世代に先送りせず、終止符を打たねばなりません。ロシアとは首脳間の率直な意見交換も通じ、平和条約締結を含む日露関係全体の発展を目指します」と述べた。

平和条約の不在が露日関係に長年にわたる影を落とし続けている。日本は1855年

に締結された日露和親条約を参照し、クナシル、シコタン、イトゥルプ、ハボマイの

引渡し要求を掲げている。

関連ニュース

タグ
クリル諸島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント