20:26 2021年01月16日
政治
短縮 URL
0 22
でフォローする

ジョー・バイデン次期米大統領は、オバマ米政権で東アジア・太平洋担当国務次官補を務めたカート・キャンベル 氏を、ホワイトハウスの国家安全保障会議のアジア担当責任者に任命する準備をしている。フィナンシャル・タイムズが消息筋を引用して報じた。

先にフィナンシャル・タイムズは、オバマ政権が実施した「アジアへのピボット」の後、同地域は米国にとってさらに重要になっているため、バイデン氏はアジア担当ポストの新設を検討していると報じていた。

フィナンシャル・タイムズが3人の消息筋を引用して報じたところによると、バイデン氏は、国務省や国防総省で高官を務めたキャンベル 氏の任命を「間もなく」発表する予定。

フィナンシャル・タイムズによると、日本と緊密な政治的つながりを持つキャンベル氏は、米国の対中政策において最も戦闘的な民主党員の1人と見なされている。

関連ニュース

タグ
米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント