21:38 2021年03月03日
政治
短縮 URL
0 32
でフォローする

米国のトランプ現大統領はおよそ100人を対象にした恩赦や減刑について、19日に発表すべく準備を進めている。内容に詳しい3人の情報筋をもとにCNNが報じた。

一時はトランプ氏自身の恩赦についても取りざたされたが自身の名は対象リストにはないという。

関係者2人によると、17日にホワイトハウスで会議が開かれ、恩赦対象者のリスト作りを終わらせる予定だったという。

CNNによると、トランプ大統領は当初、先週末と19日に2グループの恩赦について発表する予定だったという。一方で補佐官によると、最近のトランプ氏は有権者の票の集計問題に集中していたため、恩赦については最終的に決断できなかったという。1月6日以降にこの問題に関する作業を継続すると思われたが、扇動を挑発したとして非難されていることから自身の計画を見直した。

トランプ氏が大統領任期満了を迎える1月20日までに自身を恩赦する可能性を検討したことについては、ニューヨーク・タイムズ紙も取り上げている。

米国では大統領の恩赦は異議申し立ての対象とならない。これまでも多くの大統領がこの制度を利用し、自身の支持者を含む被告から起訴を取り下げている。


1月6日、トランプ氏の支持者らは議員らがジョー・バイデン氏の勝利を確定している最中に議事堂に乱入し、数時間にわたって議事進行を停止させたほか、上下院の会議場をはじめとする複数の建物で乱闘騒ぎを起こした。この事件で警官1人を含む5人が死亡している。

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント