21:07 2021年06月13日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

ドイツのザクセン・アンハルト州で州議会選挙が行われ、アンゲラ・メルケル首相の与党、キリスト教民主同盟(CDU)が得票率37.1%(速報値)で第一党になったことが分かった。州政府のウェブサイトが7日、発表した。

2位は右派政党の「ドイツのための選択肢」で20.9%。ドイツ社会民主党(SPD)が8.4%、左派党が11%、緑の党が5.9%、自由民主党(FDP)が6.4%と続いている。

2016年に行われた同州の州議選では、CDUの得票率が29.8%。また、「ドイツのための選択肢」の得票率は29.8%だった。


関連ニュース

タグ
アンゲラ・メルケル, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント