23:50 2021年07月28日
政治
短縮 URL
0 52
でフォローする

ハッカー集団「Anonymous」がペルーの大統領選挙で不正があったとして、フランシスコ・サガスティ臨時大統領および全国選挙裁判所(JNE)を非難し、ホルヘ・サラス・アレナスJNE所長が辞任しない場合は証拠を公開すると脅している。

ハッカー集団はYouTubeに投稿した動画メッセージの中で「真実を求める過程で多くの不正の証拠を発見した。ホルヘ・サラス・アレナス所長をはじめとした仲介人による交渉の証拠も掴んでいる。同所長が辞任届を出すまで48時間の猶予を与える」と語っている。

スプートニク通信ではこれより前、ペルー大統領選挙のすべての開票と集計を終えた結果、急進左派のペドロ・カスティジョ氏が50.125%を獲得し勝利したことを報じた。対立候補でアルベルト・フジモリ元大統領の長女、中道右派のケイコ・フジモリ氏の得票率は49.875%だった。

関連ニュース

タグ
大統領選挙, ペルー, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント