21:06 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ0°C
    「モスクワの日」ロシアの英雄猫に賞が授与される

    「モスクワの日」ロシアの英雄猫 に賞が授与される

    © Sputnik/ Vladimir Pesnya
    ロシア
    短縮 URL
    0 190

    新聞「イズヴェスチヤ」によれば、今年9月のモスクワの日(創建記念日)に、国際«FARUS»協会は、自分の飼い主の命を救った英雄的な猫達に特別の賞を授与する考えだ。

    同協会のタマーラ・エミリヤノワ会長は「4月末から5月初めの時期に『候補猫』の受付を始める。優勝者には、そのヒロイズムを称えて猫の家が贈られ、飼い主にはカップと賞状が渡される」と伝えた。

    モスクワの猫サーカスを率いる有名なクラウンのユーリイ・ククラチョフ氏も、優勝候補の猫の飼い主の一人だ。彼が飼っているメス猫のストレルカは、日本で地震があった時、主人を助けた。又オス猫のチャルリクは、別荘の火事を主人に知らせたとの事だ。

    ククラチョフ氏は当時のことについて「ストレルカがホテルから突然通りに飛び出したので、私は建物を出て彼女を追いかけなければならなかった。それからすぐ、地震が始まった。もしホテルの中にいたら、大変危険な目にあっていただろう」と語っている。

    猫や動物が主人を救ったという話は、ネットにたくさんアップされている。先だっても「ズヴェズダー(星)」という名のサイトには、赤ちゃんを救ったマーシャというメス猫が紹介されていた。カルーガ州オブニンスクで1月10日、市内のある大規模アパートの車寄せに、何者かによって2歳の坊やが置き去りにされたが、猫のマーシャが何時間も、自分の体温でこの坊やを暖め、命を救った。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント