04:50 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    プーチン大統領:歴史歪曲の試みはさらに活発化している

    プーチン大統領:歴史歪曲の試みはさらに活発化している

    © Sputnik/ Alexei Nikolsky
    ロシア
    短縮 URL
    0 160

    歴史の中で最も神聖なものは、悪用の対象となっている。解放者は占領者とされ、ナチスの協力者は自由の戦士とされている。ロシアのプーチン大統領は27日、立法者会議でこのように語った。プーチン大統領は議員たちに、歴史を歪曲しようする試みに立ち向かうよう呼びかけた。

    プーチン大統領は、「残念ながら最も神聖なものが時おり悪用の対象となっている。もちろんこれは新しいことではない。私たちはこれを初めて見るわけでも、聞くわけもなく、私たちはすでに何度も政治情勢に合わせた歴史への選択的なアプローチに直面している。しかし今、このプロセスは、本物の攻撃的運動の形を手に入れた」と語った。

    プーチン大統領はまた、「特に懸念されるのは勝利の重要性の歪曲、黒を白としたり、解放者を占領者としたり、ナチスの協力者を自由の戦士とする試みだ」と述べた。

    プーチン大統領は、「我々の課題は歴史を偽造する者たちに積極的に対抗することだ」と述べ、民族主義的排他性の思想や民族主義支配の希求は、大規模な民族的大惨事を引き起こす恐れがある」と指摘した。

    タグ
    第二次世界大戦, ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント