00:05 2018年10月19日
MIA「ロシア・セヴォードニャ」のマルガリータ・シモニヤン編集長

MIA「ロシア・セヴォードニャ」社長:我が社の口座凍結は違法

ロシア
短縮 URL
1121

MIA「ロシア・セヴォードニャ」のマルガリータ・シモニヤン編集長は、バークレーズ銀行におけるMIA英国代表部の口座が英国財務省の制裁措置により凍結されたことについて、コメントを発表した。

シモニヤン氏によれば、口座凍結は違法である。なぜなら、制裁はMIAのドミートリイ・キセリョフ社長個人の欧州渡航および個人資産保有を対象としたもので、MIAそのものは制裁対象ではないからだ。

今朝、英国財務省の制裁措置により、MIA「ロシア・セヴォードニャ」英国支部がバークレーズ銀行にもつ口座が封鎖された。

ある銀行関係者によれば、英国財務省の金融制裁の対象者リストにMIAのドミートリイ・キセリョフ社長が加えられたためにMIAにも制裁が及んだ可能性がある。

キセリョフ社長は先に、口座凍結は検閲である、と述べている。

「主導的情報通信社の口座を凍結するのは検閲であり、ジャーナリストらの活動に対する直接的妨害である。世界最大の情報通信者のひとつが英国で活動できないなら、英国において報道の自由や民主主義はあり得ないことになる」とキセリョフ社長。

タグ
ロシア, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント