08:06 2018年07月18日
ロシア政府、2016―25年のクリル発展計画を討議

ロシア政府、2016―25年のクリル発展計画を討議

© Sputnik / Sergei Krasnoukhov
ロシア
短縮 URL
0 101

ロシア政府は今日、連邦特別プログラム「2016-25年におけるクリル諸島の社会・経済発展」計画を討議する。

極東発展省のガルシカ大臣は「同プログラムは非常に重要だ」と語る。大臣によれば、プログラムはクリル諸島への優先発展特区の創設がどのような形でなされるかを規定するものとなる。

プログラムを策定するというアイデア自体は昨年末に閣議承認されている。メドベージェフ首相は当時、プログラムが「クリルが住んで快適、働いて楽しい、ロシアの現代的領域になるきっかけに」なることへの期待を示した。投資の総額は680億ルーブルと定められている。主な方向性としては、交通の便を改善し、経済の安定成長のための条件を整備し、社会インフラを近代化し、自然災害に対する現代的かつ複合的安全保障システムを構築することなどが挙げられている。

関連:

ビザ無し訪問でクリル諸島の住人たちに能面をお披露目
日本の首相、南クリル問題を打開する意向を表明
日本人のクリル訪問、5月末には再開
タグ
領土問題, クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント