02:27 2018年11月19日
ラブロフ外相

ロシア外務省「シリア空爆は、イスラム過激派がコントロール下に置いている地域外では行われない」

© AP Photo / Alexander Zemlianichenko
ロシア
短縮 URL
0 210

ロシアのラヴロフ外相は、ニューヨークの国連本部での記者会見で「ロシア軍機は、シリアにおいて、イスラム戦闘員らがコントロール下に置いている陣地にのみ攻撃を加える」と言明した。

ラヴロフ外相は、次のように伝えた―

「我々は、自国民と戦っている側を支持していない。我々は、テロリストと戦っている。米国を筆頭とする、英国・トルコなどの国際有志連合は『IS(イスラム国)』及びその他のテログループを自分達の敵だと説明している。我々ロシアも、同様である。国際有志連合と同じものを、攻撃している。

ロシアの空爆が、『IS』や『ヌスラ戦線』、そして国連安保理事会あるいはロシアの法律がテロリストと認定したその他のグループ以外に対し、なされる事はない。」

このように述べたラヴロフ外相は「ロシアは『自由シリア軍』をどうとらえているのか」との記者の質問に対し「ロシア政府は、彼らをテロリストとはみなしていない」と述べ、次のように強調した―

「シリアにおける空爆の標的となるのは『IS』の管理下にある武器庫や燃料貯蔵施設だ。なおロシアは、クルド人義勇兵らに武器を供給している。ロシア政府がこれまで何度も表明してきたように、彼らは、現地でテロリストらと戦っている数少ないグループの一つである。」

関連:

シリアでのロシア航空宇宙軍の航空部隊に航空機とヘリコプター50機以上が加わる―ロシア国防省
ロシア大統領府:外国ではシリアにおける作戦について事実を歪曲した情報が非常に多い
ロシア航空宇宙軍 シリアでテロリストの自動車爆弾製造工場を破壊(動画)
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント