00:36 2017年11月19日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ロシアのミサイル工場は3交代制で稼動している、シリア作戦のため

    ロシアのミサイル工場は3交代制で稼動している、シリア作戦のため

    © Sputnik/ Sergei Mamontov
    ロシア
    短縮 URL
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    0 1177180

    「戦術ミサイル兵器」社の職員らは3交代制へ移行した。ロシアのシリアにおける作戦で、軍への供給が増大したためだという。「コメルサント・ヴラスチ」が伝えた。

    タルトゥスに駐屯しているロシア海軍に物資を届けるため、ロシアはトルコの造船会社から輸送船8隻を緊急購入した。ロシアの大型揚陸艦単独では荷重を処理できなかったため。トルコから購入した輸送船は軍用船として速やかに登記され、補助船舶リストに組み入れられた。

    先週土曜、ロシア国防省のコナシェンコフ報道官はRTのインタビューに応じ、ロシア空軍はシリア作戦において、フメイミム基地より934回出動し、テロリストらの施設819箇所を破壊した、と述べた。攻撃の多くが高精度「空対地」ミサイルH-29Lおよび誘導爆弾KAB-500Sを用いたものだという。

    トピック
    対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
    タグ
    ロシア軍, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント