12:33 2018年11月17日
チェチェン大統領、自分の暗殺計画者らを許す

チェチェン大統領、自分の暗殺計画者らを許す

© Sputnik / Said Tsarnaev
ロシア
短縮 URL
0 170

チェチェン共和国のテレビ局「グローズヌィ」は、同共和国の治安維持機関はカディロフ大統領の暗殺計画を未然に食い止めたことを明らかにした。暗殺計画は先週実行される計画だった。

同テレビにサイトによれば、悪意を持った計画は明らかであったにもかかわらず、カディロフ大統領は未遂者の若者らを許し、更正のチャンスを与えた。

テレビ報道によれば、チェチェンの都市アルグンにはワッハーブ主義者らが多く、今回カディロフ大統領暗殺計画を練っていた20人の若者らもその影響を受けていた。カディロフ大統領はこのほか、「IS(イスラム国)」戦闘員らの影響もありえるとしている。

カディロフ大統領は自分のインスタグラムの中で、アルグン市住民らと話し合った結果、イスラム教に通じていない宣教者がワッハーブ主義について誤ったイデオロギーを吹き込み、チェチェン共和国の大統領はワッハーブ主義の主たる敵と語っていると書いている。

逮捕者の両親、親戚もこの会談に出席していた。

タグ
テロ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント