10:02 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    ナマケグマ

    モスクワのナマケグマ、人間操作が大好き

    © 写真: Rennett Stowe
    ロシア
    短縮 URL
    1862140

    モスクワ動物園にいるナマケグマが決しておなかがすいているわけでもないのに来園者に餌をしつこくねだるのは、人間を操作したいがためだった。同動物園がサイトに発表した2014年のレポートで明らかにされた。

    「ナマケグマのつがいの行動を観察したところ、来園者に餌をしつこくねだる行為は追加の餌を得る手段ではなく、人間の行動を操作するための手段ではないかというこれまでの説が立証された。」

    動物学者らによれば、人間の行動をこのように操作することで動物は周りの環境をコントロールしていると感じることができ、著しく気分が高揚するという。

    ナマケグマはインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュ、ネパール、ブータンに生息している。おかしな名前はその顔つきからきたもの。ナマケグマはアリやシロアリを食する。

    タグ
    動物, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント