23:49 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    ラヴロフ外相、A321機搭乗のロシア人殺害はロシアに対する攻撃に等しい

    ラヴロフ外相、A321機搭乗のロシア人殺害はロシアに対する攻撃に等しい

    © Sputnik/ Eugene Odinokov
    ロシア
    短縮 URL
    1465210

    シナイ半島上空でのロシア機A321破壊テロでロシア人を殺害したことはロシアに攻撃を仕掛けたに等しく、ロシアは自国の保護のためあらゆる策を開始する。18日、ラヴロフ外相はこうした声明を表した。

    「我々の(テロ犯人の捜索、処罰に関する)行動については、プーチン大統領も力説したように国連憲章第51条に基づいて行われる。この条項はあらゆる国家に対して自国が攻撃された場合の個々のまたは集団的な自衛権を与えている。シナイ半島上空でのテロ行為はまさにロシア国民に対する攻撃であり、国家に対する攻撃に等しい。」 ラヴロフ外相はレバノンのバシル外相との会談を総括した記者会見の席でこう力説した。

    ラヴロフ外相は「国防の権利はあらゆる可能な手段で実現される。政治的手段、軍事的、また特務機関、諜報機関などのラインもそうだ」と語った。

    10月31日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていた航空会社「コガルィムアヴィア」社のエアバス321型機がエジプトに墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。国際的な委員会が実施した調査の結果、ロシア機墜落の原因は、機内で爆発物が爆発したテロであったと断定された。

    タグ
    テロ, セルゲイ・ラブロフ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント