01:58 2020年10月31日
ロシア
短縮 URL
0 230
でフォローする

ロシア航空宇宙軍への最新式の第五世代戦闘機T-50の納品は、2017年になる。同軍のボンダレフ参謀総長が述べた。

「実験は全て事前の計画通り進んでいる。その性能は全面的に確証されていっている。計画によれば、我々は来年にも実験を終了し、2017年にはT-50の納品が始まる」。

同機は課せられた要求を全て満たしており、残すところは実験を終了させることのみであるという。

ロシアの多目的第五世代戦闘機は「統一航空建設会社」の支社である「統一設計局スホイ」が開発を担当した。複合素材の利用、革新的な技術、航空力学的諸特性、エンジン性能により、無線、可視光線、赤外線による探知がかつてなく難しくなっている。これにより戦闘効率が格段に高まり、地上、空中の標的に、昼夜・天候を問わず攻撃を行えるようになる。

最初のフライトは2010年に済ませている。大量生産は来年、KaAAZで始まることになっている。

同機はSu-27の後継機として開発されている、との情報もある。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント