00:23 2019年12月07日
ロシアは急速に国内の農業生産を増大することができた

ロシア、ルーブル安を追い風に穀物輸出大国に

© Sputnik / Artem Kreminsky
ロシア
短縮 URL
10370
でフォローする

ロシアは2016年世界最大の穀物輸出国になるかもしれない。ウォールストリートジャーナル誌が米農業省の予測レポートを引用して報じた。

今年、世界の農産物市場は著しい変貌を遂げる。世界の大多数の通貨の対ドルレートが下がったために、米国産の小麦は輸入国にとってはあまりに高値となる一方で、逆にロシアの農産者はルーブル安のおかげで世界市場で新たなポジションを獲得するチャンスを得る。

米農業省の予測では今年ロシアの小麦輸出量は2350万トン。この数値は昨年比3%増。一方で米国の小麦輸出は2180万トンで45年で最低の数値になるものと見られている。

ロシア経済を牽引する生産物といえば、以前はエネルギー資源と兵器の輸出とされてきた。ところが既に現時点で状況は激しい勢いで変化している。すでに昨年で農産品の輸出による収益が兵器輸出の収益を上回った。この額は天然ガス輸出による収益のおよそ半分に相当する。

関連:

ルーブル安に歯止めなし、対ドル、対ユーロレートが1年前の記録を更新
ロシアはこれ以上お金を融資しない
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント