00:07 2021年04月17日
ロシア
短縮 URL
0 104
でフォローする

ロシア・エネルギー省は2035年までのロシアの石油部門の発展のジェネラルスキームを構築。これによると原油採掘量は最低でも1.2%、最悪46%縮小される。

スキームで提示されたシナリオは2通り。良好に進んだ場合のシナリオは今年2016年までに対露制裁が解除され、税負担の最適化が図られるというもの。反対に最悪のパターンではエネルギー省は原油の低価格も制裁もそのまま維持される様子を想定している。

最悪パターンのシナリオの場合、原油採掘量は2016年末にまでには縮小し始める。

状況が改善された場合、エネルギー省は大陸棚油田の探査に民間企業のアクセスを許可し、税制の緩和を行うことを提案している。

関連:

原油価格予想、2016年末までに1バレル60ドルに
「オイルプリンス」 原油市場では今やロシアが主役
4月、米国のシェールオイル採掘量は10万6千バレル縮小、エネルギー省情報局が予測
タグ
石油, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント