01:50 2018年06月21日
ソチ、ジカ・ウイルス対策措置が取られる

ソチ、ジカ・ウイルス対策措置が取られる

© REUTERS / Ueslei Marcelino
ロシア
短縮 URL
240

ロシアのソチでジカ・ウイルスを拡散させる恐れのある蚊の駆除が順調に進められている。だがそれでも耐性菌が出現するリスクは依然としてある。19日、ソチで開かれた会合でロシア消費者保護・福祉監督庁のアンナ・ポポワ長官がこのように語った。

ソチで行われている様々な対策はすでにジカ熱が発生している多くの国からもたらされたもので、そのために耐性菌が出現するリスクがあるとポポワ長官は指摘する。

ソチで行われている様々な対策はすでにジカ熱が発生している多くの国からもたらされたもので、そのために耐性菌が出現するリスクがあるとポポワ長官は指摘する。

「ジカ・ウイルスを媒介する蚊は黒海沿岸にも生息しており、ここソチでも蚊の幼虫、そして蚊自体の存在がすでに確認されている」とポポワ長官は強調する。

ポポワ長官によると、ソチでは蚊の存在が確認された屋外100ヘクタール以上、屋内20ヘクタールですでに対策が取られている。

 

関連:

WHO ジカウイルスに有効なワクチン開発には時間がかかる
日本政府 ジカ熱撲滅に向けた戦いに100万ドルを援助
日本、ジカウィルスの最初の感染例、確認
ジカウイルスを媒介する蚊は青い服を着た人を好む
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント