18:03 2017年04月30日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    ロシア南部ボーイング墜落 航空会社の節約が原因か?

    ロシア南部ボーイング墜落 航空会社の節約が原因か?

    © REUTERS/ Russian Emergencies Ministry/Handout
    ロシア
    短縮 URL
    5362263

    19日にロシア南部ロストフ・ナ・ドヌーで墜落したアラブ首長国連邦の航空会社「フライ・ドバイ」のボーイング機について、ロシア連邦調査委員会は、技術的欠陥、悪天候、操作ミスを主な原因として調査しているが、マスコミは墜落原因としてさらにもう一つの説を挙げている。

    ボーイング機のパイロットは、悪天候にもかかわらず、代替空港への着陸を拒否した。複数の専門家は、代替空港への着陸は航空会社の支出を増加させるため、パイロットは最後まで航空機を着陸させようとしていたのではないかとの見方を示している。

    複数の専門家たちによると、乗組員たちが追加支出を恐れていたことは、航空会社のトップに航空事業とは関係を持たないが利益を最大限に確保しようとする人々がしばしば立つことでことで説明がつくという。

    一方で、この「節約」説に対立する論拠も存在している。フォーブスは、パイロット指導教官の話として、ボーイング機がロストフ・ナ・ドヌーの上空を2時間にわたって旋回していたことで消費する燃料は多額であり、これは代替空港に着陸した場合よりも多くの費用を伴ったはずだと指摘していると報じた。

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント