12:43 2018年11月14日
ロシア外務省人権問題全権代表コンスタンチン・ドルゴフ氏

ロシア、PACEの「サフチェンコリスト」決議を「ダブルスタンダード」と断定

© AP Photo / Osamu Honda
ロシア
短縮 URL
2100

欧州評議会議員総会(PACE)で採択された、すべての加盟国に制裁的な「サフチェンコリスト」導入を呼びかける決議は同組織のダブルスタンダードを示している。ロシア外務省人権問題全権代表コンスタンチン・ドルゴフ氏がTwitterで述べた。

​「ロシア市民の違法逮捕やウクライナにおけるロシア人ジャーナリストの殺害に関与した者の処罰には、PACEは無関心なのか。他の優先順位があるのか。同組織の議員らにとって、ある国民は他の国民と異なるというのか」「これはダブルスタンダードだ。民主主義や人権尊重からかけ離れたことだ」と同氏。

ストラスブールのPACE会議で「サフチェンコリスト」を導入する提案が多数決により採択された。欧州評議会参加国は「マグニツキーリスト」の例にならい、この決議に応じる形で個別制裁対象者のリストを作成することが求められる。

サフチェンコ被告にはドンバスで全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社の記者数名を殺害した罪でロシアで22年の禁固刑の判決が下されている。サフチェンコの釈放問題については定期的に取り上げられており、専門家らの間では釈放されるとすれば、サフチェンコはウクライナで裁かれているロシア人らと身柄を交換するというのが最もありうるパターンだとされている。

タグ
欧州評議会議員会議, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント