23:00 2018年09月25日
猫

負債者の飼い猫が逮捕、ロシア

© AFP 2018 / Patrick Pleul
ロシア
短縮 URL
145

ペルミ司法警察が負債を負った男性の飼い猫を逮捕。こうすることで返済を促すのが目的。

この男性の負債額は12万ルーブル(およそ20万円)。男性は財産がないとして、返済を拒んだ。

そこで司法警察は男性の飼い猫を逮捕。目的は「負債の一刻も早い返済を促す」ためだという。

司法警察による猫の評価額は1500ルーブル(2400円くらい)。借金を返済しないとこの猫を売却することもできると通知している。

警察が猫を連行した翌日に男は借金の返済分として1500ルーブルの保釈金をもって警察に現れ、猫は売れないと語った。保釈金の支払後、猫は拘留を解かれた。

タグ
動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント