05:06 2018年06月22日
ついにロシア版クリプトカレンシー出現か?

ついにロシア版クリプトカレンシー出現か?

© Fotolia / kkolosov
ロシア
短縮 URL
0 81

新聞「コメルサント」が「ロス金融モニタリング」のパーヴェル・リヴァドヌィ副理事長の発言を引用して報じたところでは、ロシアには、クリプトカレンシー導入の計画がある。

クリプトカレンシーは、暗号通貨と訳され、ビットコインのバージョンアップした形態である。

副理事長によれば、クリプトカレンシーに関する法案は、今のところないが、そうした通貨についての考えは、すでに銀行の代表者との間で検討されている。おそらく、その活動に対し、今後ライセンスが付与されるものと見られている。

企業や個人は、特別の電子プラットフォーム上で、ルーブルやその他の通貨をクリプトカレンシーに両替することになるが、その際、購入者個人について「匿名の送金を最小限にするため」に、本人かどうかの確認がなされる。

なおロシア版クリプトカレンシー導入と同時に、ロシア領内では、ほかの同様のシステムの流通が禁止される。

クリプトカレンシーは、バーチャルマネーで、現在世界中で、およそ40億ドル流通していると言われている。

 

 

 

関連:

ビットコイン創設者、身元を明らかに
財務省、ビットコイン発行者に最大7年の禁固刑を科すよう提案
ビットコインは日本の法律に適合するか?
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント