14:49 2017年11月20日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    ロシアで世界最強の原子力砕氷船が進水

    ロシアで世界最強の原子力砕氷船が進水(動画)

    © 写真: Press service of the company "Baltic Shipyard"
    ロシア
    短縮 URL
    21453170

    世界で最も強力な砕氷船「アルクチカ」が、サンクトペテルブルグのバルト工場で進水した。「スプートニク」の記者が現地から伝えた。

    砕氷船「アルクチカ」は、2013年11月に起工された。全長は173.3メートル、幅34メートル、排水量3万3500トン、乗員は75人。

    最終的な引き渡し期限は、2017年12月。「アルクチカ」は、北極海航路の維持や北極への様々な遠征の実施を目的としたロシアのプロジェクト22220の一部。

    砕氷船は、北極で厚さ最大3メートルの氷を割りながら船団を伴走する。

    「アルクチカ」は、プロジェクト22220の中心的な船となり、北極開発と北極圏におけるロシアのプレゼンス強化に必要な原子力砕氷船団の基盤となる。

     

     

     

    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント