07:14 2020年09月27日
ロシア
短縮 URL
151
でフォローする

ロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁は、ゲーム「ポケモンGO」をする際に発生する恐れのある危険性について警告した。

ロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁のフェイスブック公式ページでは、ロシアではまだ「ポケモンGO」が公式にリリースされていないと指摘されている。
同庁は、「大勢のゲーマーが、自分たちの地域での公式リリースよりも前にサードパーティ製APKをインストールする方法で『ポケモンGO』へのアクセスを得ようとし

いる。これらのサードパーティ製は、それを介してウイルスDroidJackを拡散している詐欺師が使用している」と伝えた。

これに関連してロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁は、サードパーティ製アプリのインストールを控えるよう呼びかけている。

また同庁は、米ミズーリ州の警察が別の危険性を発見したと指摘した。通信・情報技術・マスコミ監督庁は、犯罪者たちが「周辺地域にポケモンが出現する可能性が高まる所謂『ルアーモジュール』を様々な場所に配置し、ゲーマーたちを待ち伏せした」と伝えた。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント