00:42 2018年06月19日
Конституционный Суд РФ

憲法裁判所、クリミア市民をロシア人と認定することの合法性を検討

© Sputnik / Ruslan Krivobok
ロシア
短縮 URL
0 140

憲法裁判所は、ロシアへのクリミアの合併に関する法律に対する訴えを検討することを決めた。裁判所が明かした。

訴人市民オレネフ・A・Gは、法律の第4条の第1部が彼の憲法上の権利を侵害しているという。正確にどのような形での侵害かは不明。

この規定はクリミアがロシアの一部になった瞬間からウクライナ市民や半島に定住していた無国籍者はロシア連邦の市民として認められるとしている。これは1月以内にロシアのパスポートを受け取ることを拒否した者には適用されない。

クリミアは2014年3月に国民投票でロシアの一部となった。ウクライナは、他の一連の国と同様、半島は一時的に領土を占領されたものであるとし、返還を呼びかけている。モスクワはこの問題は交渉の余地がないとしている。 「西側が不法な併合と見るものがロシア人には民主主義原則の実現なのである。それは国民投票にも沿っているし、歴史的正義の回復なのである」とロシア外務省。

タグ
クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント