12:25 2018年12月10日
ワイン

ロシアワイン、意外と美味だった!ワイナリーに観光客殺到

© Sputnik / Mihail Mokrushin
ロシア
短縮 URL
1110

ワインとワインツーリズムで名高いのはイタリアとフランスだけでない。ロシア南部のクラスノダール地方、ロストフ州、スタブロポリ地方とクリミアもぶどう畑が豊富にあり、ワイン製造者は様々な種のワインの美酒を自慢することができる。

ワイン工場とぶどう畑、ワイン祭りと関係あるワインツーリズムは、エコツーリズムと呼ばれる。ロシアでは50万以上のエコツーリズムがある。

ロシアのワインツーリズムで一番人気の場所はクラスのだーる地方にあるリゾート地アブラウ・デュルソーである。ワインツーリズムのランキングを作成したのは「トゥルスタット」社だ。

去年アブラウ・デュルソーに見学とテイスティングに訪れたのは30万人以上。事前予測によると、今年の来訪者は1.5倍に増える見込みだ。

ランキング2位を勝ち取ったのはクリミアのマサンドラで、3位はロストフ州のエルブズドだ。

ベリーワインを生産しているのはトヴェリ州都アルタイ地方で、やはりそこにも旅行者が訪れる。

ワイン工場見学は2人で1000ルーブル以下で収まる。一方週末にベリーワイン工場を見学するのは1万ルーブルを少し超え、現在のルートで1万5800円ほどとなる。週末のテイスティングが最も高くつくのはアブラウ・デュルソーで、2人で4万ルーブル弱をつぎ込む必要がある。これは日本円でおよそ6万3200円だ。

先に伝えられたところによると、フランスの農業経営者たちは4日、スペインとの国境から15キロのフランス南部で、スペインからきたワインタンカーを停止させ、タンカーが運んでいたワインを道路に流した

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント