22:46 2018年07月21日
ポクロンスカヤ検事

ポクロンスカヤ検事、クリミアの白鳥保護を望む

© Sputnik / Taras Litvinenko
ロシア
短縮 URL
1142

クリミアのナタリア・ポクロンスカヤ検事総長がクリミアにあるサスィク・シヴァシュ湖の国定自然保護区創設を始めた。

ポクロンスカヤ検事総長は次のように発言した。

「我われはクリミア近くの自然保護区創設を始めた。特別保護地域にはサスィク・シヴァシュ湖が入るはずだ。これは動植物的に固有のものを持つ場所である。これは、我われが保護し保存していかなければならない我われの自然だ。これは、自然環境で白鳥で生育しているクリミアの名刺のようなものだ」

ポクロンスヤ検事総長によると、湖にはいかなる建造物も許可されないという。ポクロンスカヤ検事総長は次のように強調している。

「我われは、自然によって我らに与えられたものを保存する義務がある」

先に伝えられたところによると、クリミアの美しすぎる検事として人気のナターリア・ポクロンスカヤ検事が、ウラルの中心都市エカテリンブルグを訪れた

タグ
ナタリア・ポクロンスカヤ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント