01:32 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 27°C
    原子力発電所

    ロシアに新しく4つの原子力発電所を建設

    © Flickr/ Andy Rudorfer
    ロシア
    短縮 URL
    0 107188

    ロシア政府は、ニジェゴロド、タタール、ユジノウラル、セヴェルスクの4つの新しい原子力発電所を建設するプランを承認した。新原発は、2030年までに稼働する。政府のサイト上に発表された指示により明らかになった。

    ロシア、エジプト初の原発建設
    © Sputnik/ Host photo agency / Sergey Mamontov
    タタール原発は、カムスキイ・ポリャーヌィ村のニジェカムスキイ地区に建設され、原子炉は一基、出力は1250MWになる見込み。またニジェゴロド原発には、同様の二基の原子炉が建設される予定で、総出力は2510MWになる。

    またチェリャビンスク州のエネルギー不足を補うために、出力1200MWの原発の建設が見込まれている他、トムスク州のエネルギーバランスを整えるために、2025年までにセヴェルスク原発の新しい原子炉が稼働する予定だ。

    先に伝えられたところによると、「ロスアトム」のセルゲイ・キリエンコ社長は「福島第一原発事故後の世界の原子力市場は、完全に回復した」との見方を示した。

    関連:

    山口県、住民の反対にもかかわらず原子力発電所建設へ
    ブルームバーグ通信:中国は稼働可能な原子炉数でロシアを追い越す
    ロシアの原子力エネルギー技術への関心 世界で高まる
    タグ
    原発, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント