21:28 2018年07月18日
ロシア、第6世代戦闘機2タイプを開発中

ロシア、第6世代戦闘機2タイプを開発中

© Sputnik / Alexey Filippov
ロシア
短縮 URL
0 222

第6世代戦闘機の無人版と有人版が同時開発されている。ロシア航空宇宙軍のボンダレフ司令官が金曜記者らに述べた。

「ロシアでも外国でもこの方向で開発が進んでいる。ロシアには素晴らしい設計局、航空産業がある。第6世代はそう遠くないと思う」

先にロゴジン副首相はスホイ設計局が第6世代戦闘機の第一段階を披露したと伝えた。2014年統一航空企業は、最初の第6世代戦闘機は2020年代後半に誕生する、とした。

ロシアでは今第5世代戦闘機PAK FAまたはT-50の実験が行なわれている。最初に上空に上がったのは2010年のこと。国家試験は今年終了し、2017年には量産が始まる

関連:

国防省、装備に採用されたロシアのレーザー兵器について説明
ロシア、潜水艦発見用衛星システム構築へ
タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント