17:29 2019年08月26日
ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発

ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発

© REUTERS / Russell Cheyne
ロシア
短縮 URL
1210

ロシアはレーザー兵器を搭載している新世代戦闘機を開発していると、マスコミが 軍産複合体筋の情報を基に報じた。

情報筋は次のように述べた。

「新世代空中発射レーザーシステム開発が行われている」

情報筋によると、これは公開情報で知られているА-60という機体だという。

空中レーザー製造はソ連時代から挑戦されていたという。空中レーザー開発は米国でも行われていたが、2011年、ボーイングの空中発射レーザー・ミサイル迎撃機 YAL-1製造計画は中止された。

機体の課題の1つは、仮想的の軍事衛星の無力化だ。

先に伝えられたところ、米誌ナショナル・インテレストはロシアの戦闘機Su-35を「空の王」と呼んだ。

関連:

カラシニコフ社「類を見ない」機関銃を開発中
米マスコミ ロシア製戦車を世界最強トップ5に含める
タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント