10:28 2018年12月11日
ペスコフ大統領報道官

ペスコフ報道官:マレーシア航空ボーイング機の件に関する調査データは最終的な真実と考えてはならない

© Sputnik / Host photo agency/Alexei Danichev
ロシア
短縮 URL
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)
0 161

ペスコフ・ロシア大統領報道官は、国際的な調査グループによるマレーシア航空のボーイング機がドンバス上空で撃墜された件に関する調査データは中間的なものであり、したがって、調査は継続すべきであると述べた。メディアが報じた。

「受け入れることも否定することもない。これらは中間的な結論である。我々は調査を継続する必要がある。いかなる証拠も見てはいない。我々は彼らが言うことを最終的な真実であると考えることはできない。論争の用意はある。これらの声明の中にあなたはいかなる証拠も見てはいない」と報道官。

先に航空機墜落の状況の解明に当たっていたオランダが主導する国際的な調査グループは、航空機はロシアの領土から届いた「ブーク」によって撃墜されたと断定した文書を提出した。

トピック
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (74)

関連:

MH17便の国際合同調査班が撃墜についての自らの説の技術的根拠の欠落を示す
ロシア外務省「オランダによるマレー機墜落事故調査は偏見と政治的動機に基づいたもの」
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント