16:06 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    プーチン大統領とメドヴェージェフ首相

    プーチン大統領とメドヴェージェフ首相 ウリュカエフ経済発展相の拘束について協議

    POOL
    ロシア
    短縮 URL
    0 71060

    プーチン大統領は、収賄容疑によるウリュカエフ経済発展相の拘束についてメドヴェージェフ首相と協議した。

    ロシア政府報道部によると、メドヴェージェフ首相は、できる限り綿密な調査を呼びかけた。

    ペスコフ大統領報道官は、ウリュカエフ氏が約1年間にわたって法執行機関の監視下にあったことを露大統領が当初から知っていたことを明確にした。ペスコフ氏は、容疑は非常に深刻で、裁判所が決定を下すべきだと述べた。

    先に調査委員会は、国営石油会社「ロスネフチ」が石油会社「バシネフチ」の株式の過半数を取得するのを可能とした経済発展省からの肯定的な評価の見返りに、経済発展相が2016年11月14日に約200万ドルの賄賂を受け取った疑いが持たれていると伝えた。

    「ロスネフチ」は、「バシネフチ」の株は完全に法に従い、管理銀行に対する最良の商業提案に基づいて購入されたと強調している。

    「ロスネフチ」のレオンチエフ副社長は、法執行機関は民営化の取引自体にクレームはないと指摘した。「ロスネフチ」は10月、「バシネフチ」の株式の50,0755%を3297億ルーブルで購入した。

    プーチン大統領は10月12日、投資フォーラム「ロシアは呼んでいる」で、「ロスネフチ」に「バシネフチ」民営化への参加を許可した政府の決定に「少し驚いた」が、「これは実際にロシア連邦政府の立場であり、何よりもまずその金融・経済ブロックの立場だ」と述べた。

    関連:

    中、印に「ロスネフチ」株19.5%購入の可能性
    「ロスネフチ」社長:OPECは、一つの統一された機構としての存在を停止した
    タグ
    汚職, 災害・ 謎・発見・スキャンダル, ドミートリー・メドヴェージェフ, ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント