17:44 2018年07月18日
最年少大臣:プーチン大統領、新経済発展相を任命

最年少大臣:プーチン大統領、新経済発展相を任命

© Sputnik / Alexei Druzhinin
ロシア
短縮 URL
1120

プーチン大統領はマクシム・オレシュキン財務次官に経済発展省を率いるよう提案した。

オレシュキン氏(34)は現内閣最年少大臣となった。オレシュキン氏はニコライ・ニキフォロフ情報技術・通信相より1ヶ月年下。

オレシュキン氏は財務次官を2015年3月から務めていた。財務省で氏はマクロ経済の方向を監督しており、財務省勤務まではVTBキャピタルとロスバンクで勤めていた。

経済発展相のポストが空白になったのは11月15日、プーチン大統領が、信頼を失ったとして当時のアレクセイ・ウリュカエフ大臣を解任した後のこと。ウリュカエフ元大臣は200万ドルの収賄現場を抑えられ現行犯逮捕された。ウリュカエフ元大臣は、国営の石油最大手ロスネフチが中堅石油会社バシネフチ の株式の取得を可能にした、経済発展省からの肯定的な評価の見返りに賄賂を受け取った。

関連:

ウリュカエフ経済発展相の逮捕はクリルに関する日本との交渉に影響しない
ロシア大統領報道官 ウリュカエフ氏に対する容疑についてコメント
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント