07:05 2018年07月21日
マスコミ:ロシアの第五世代戦闘機用のイノベーションシステムについて報道

マスコミ:ロシアの第五世代戦闘機用のイノベーションシステムについて報道

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
1261

ロシアの合同航空機計器製造会社は、スホイ35S、パク(PAK)FA、イリューシン76といった第5世代の改良型航空機用の「敵味方」識別レーダーシステムの開発を完了した。同社の報道部が伝えた。

それによれば、軍用及び民間機が属する国を識別するためのハードウェアとソフトウェアの総合システムが開発された。またこのシステムは、間違った攻撃から自国の航空機を守る目的で、軍用・民間機を識別できる。またこのシステムは、古いタイプの航空機に搭載された無線電子機器の中でも、また例えば、パクFAやスホイ35Sのような第五世代の航空機の中でも、使用可能である。

確認されているところでは、2016年、このシステムは事前のテストを成功裏にパスし、困難な無線電子環境でも、また極端な温度差や機械的損傷があった場合でも、作業能力のレベルが高いことを示した。

U.A.ガガーリン名称コムソモリスク・ナ・アムーレ航空機製造工場(スホーイ社傘下)広報が第5世代戦闘機PAK FA(T-50)の新しい画像を公開した。

関連:

マスコミ:ロシアで軍用の「見えなくするペースト」が開発される
ロシア、海軍航空部隊用無人偵察ヘリコプターを開発中
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント