10:23 2020年05月27日
ロシア
短縮 URL
1101
でフォローする

ロシアの戦車T-90の最新バージョンの写真が初めてマスコミに公開された。

旧バージョンとの主な違いは、戦闘室の外に弾薬室が配置された新構造の砲塔。また戦車には、砲身が長くなった125ミリ砲や、新たな射撃管制装置も装備されている。

視覚的な違いの中には、異なる構造のサイドスカート、砲塔の前面投影の保護強化、内部を動的に保護した新構造などがある。

T-90は、1990年代の変わり目に開発されたロシアの主力戦車。2001年から2010年にかけて世界市場で最も多く販売された戦車となった。

なお先に伝えられたところによると、ロシアの主力戦車Т-90が、専門誌「ザ・ナショナルインタレスト」の選ぶ世界最強の戦車トップ5入りした。

関連:

マスコミ:ロシアの第五世代戦闘機用のイノベーションシステムについて報道
マスコミ:ロシアで軍用の「見えなくするペースト」が開発される
タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント