13:39 2020年02月22日
ロシア
短縮 URL
4447
でフォローする

航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の地中海への航海における戦闘オペレーションにおいて、ミグ29に乗務する戦闘員たちは高いパフォーマンスを見せた。

「戦闘機は最高レベルの準備ができている。この戦闘機は地上の目的物にも上手く対応した」ロシアの航空機製造会社「ミグ」の代表取締役、イリヤ・タラセンコ氏は、ロシアのテレビ局のインタビューに答えた中でこう述べた。

タラセンコ氏はまた、シリア空軍の特別作戦に参加したロシアの戦闘機乗員もやはり、完全に戦闘のための準備ができていると指摘した。

こんにち、「ミグ」が請け負っている注文の総額は40億ドルにものぼる。タラセンコ氏いわく、2017年、売り上げを現在の580億ルーブルから、700億ルーブルにまで増やすことが計画されている。

伝えられたところによると、カザン航空工場が4月に改良型戦略爆撃機Tu-160M2の生産を開始する。

タグ
ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント