02:49 2020年08月05日
ロシア
短縮 URL
3185
でフォローする

ロシア国防省は、ロシアの早期警戒システムが北朝鮮領土からの弾道ミサイル発射を感知、発射はロシアへの危険性を一切もたらさなかったと発表した。

スプートニク日本

発表には、「ロシアの早期警戒システムがモスクワ時間13日23時30分、北朝鮮領土からの弾道ミサイル発射を感知した」とある。

同省によると、ミサイルはロシア国境から遠く離れて行く方向に飛んでいった。

ロシアの早期警戒システムはロシア領土から500キロほど離れた地点にミサイルが落下するまで追跡した。

発表には、「当ミサイル発射はロシア連邦に一切の危険性をもたらさなかった。ロシアの早期警戒システムと当直防空部隊は計画通りに任務についている。」

タグ
ミサイル, 北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント