03:06 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    プーチン大統領

    米大統領選介入 プーチン大統領、米ハッカーの可能性を指摘

    © REUTERS/ Sergei Savostyanov/TASS/Host Photo Agency
    ロシア
    短縮 URL
    1708211

    プーチン大統領はNBCテレビのインタビューで米大統領選挙への介入について、西側諸国がロシア人だとしているハッカーは、「巧妙にプロフェッショナルに矢印の向きを変えた」米国のハッカーである可能性があると述べた。

    スプートニク日本

    プーチン大統領は、「ハッカーはどこにでもいることができる。ロシアやアジア、アメリカやラテンアメリカにすらいる可能性がある。ところで、非常に巧妙にプロフェッショナルに矢印をロシアに向けた、米国にいるハッカーかもしれない。このようなことが可能だとあなたは考えられませんか?苛烈な政治闘争の中で?私は考えられる」と述べた。

    それと同時に、プーチン大統領は、いかなるハッカーも選挙運動の歩みを劇的に変化させ、投票の最終結果に影響することはできないと指摘した。

    この前、プーチン大統領はあたかもロシアが米大統領選挙に影響したかのように報じられていることについて、何の証拠もない噂で米国の国内政治闘争の中で利用されているものに過ぎないと指摘した

    また、ロシアのプーチン大統領は、中国訪問を総括する記者会見で、世界で懸念を呼んでいるサイバー攻撃について、最近のサイバー攻撃の主な源は米国であるのに、これに関してロシアに対する非難を耳にするのは不可解だと述べた。

    タグ
    ハッカー, 選挙, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント