18:23 2018年06月24日
ミグ35が第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」で初公開

大型国際航空宇宙サロン、モスクワ近郊でスタート【写真】

© Sputnik / Eugene Odinokov
ロシア
短縮 URL
0 70

7月18日、モスクワ近郊のジューコフスキーで第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」が開幕。史上最多の参加者と新作出品数が約束されている。今年度のMAKSではロシア企業に加えて36カ国の代表企業が訪れた。中国からは10企業が出展している。スプートニク特派員が現地からリポートする。

スプートニク日本

博覧会では次の10カ国のパビリオンが開かれた。ドイツ、フランス、イタリア、スイス、チェコ、中国、カナダ、ベラルーシそしてイランだ。

今回の博覧会の新作の大きな目玉となるのは北極圏用の特別なヘリコプター「Mi-8AMTSh-VA」、通称『ターミネーター』だ。同ヘリは世界に類を見ない。さらに、ヘリコプター「Mi-38」と「Mi-171A2」のプロトタイプ2機が初公開される。

MAKSは博覧会や商談だけでなく、圧巻のショーでもある。ショーでロシアを代表するのは飛行チーム「ルースキエ・ヴィーチャズィ」、「ソーコル」、「ストリージ」。

さらにアラブ首長国連邦の飛行チームが展示飛行を初めて示し、海外デビューを果たす。MAKS開催中、およそ90機のヘリコプターと航空機が飛行する。

  • 第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Eugene Odinokov
  • Tu-144 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    Tu-144 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Eugene Odinokov
  • 第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Maksim Blinov
  • Il-2 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    Il-2 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Sergey Mamontov
  • Il-76 MD 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    Il-76 MD 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Iliya Pitalev
  • ヘリコプター「Mi-38-2」、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    ヘリコプター「Mi-38-2」、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Maksim Blinov
  • 第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Maksim Blinov
  • SR-10 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    SR-10 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Maksim Blinov
  • Il-76 LL 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    Il-76 LL 航空機、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Eugene Odinokov
  • 第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Sergey Mamontov
  • プーチン氏、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    プーチン氏、第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
1 / 11
© Sputnik / Eugene Odinokov
第13回国際航空宇宙サロン「MAKS」

先ほど、公共株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」のイリヤ・タラシェンコCEOは14日に記者団に対して、「我々はMAKSで公の場にミグ35を初公開し、同機の輸出に関する話し合いを進める」と発表した。

タグ
航空, 軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント