02:16 2021年05月18日
ロシア
短縮 URL
0 90
でフォローする

セルゲイ・ラブロフ外相は来年2018年のロシア大統領選へ出馬する意向はないことを明らかにした。

スプートニク日本

ラブロフ外相は1日、モスクワ国際関係大学で演説した中で、女子学生からの大統領選に立候補することを検討しているかとの問いに「いいや、そのつもりはありません」と答えた。

「はっきり言うと、これはお世辞ではなく本当の気持ちなのだが私はプーチン氏と働くのがとても心地いいんです。それにお互いに抱える一連の課題というのは外交戦線で解決せねばならないことで、それに我々の省(外務省)は積極的に取り組んでいます。これは私の人生では一番大事なことなのです。」ラブロフ外相はこう答えている。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント