20:15 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領、ロシアジャーナリストへの襲撃事件にコメント

    © Sputnik/ Michael Klimentyev
    ロシア
    短縮 URL
    0 24

    モスクワの民間ラジオ局「モスクワのこだま」に男が押し入り、副編集長タチヤナ・フェリゲンガウエルさんの喉を切りつけた事件について、プーチン大統領がコメントした。

    スプートニク日本

    プーチン大統領によると、事件は男の精神障害によって引き起こされたものであり、言論の自由の抑圧とは関係がない。

    プーチン大統領は人権理事会で「『モスクワのこだま』について言及されましたが、どんな関係があるんですか?病んだ人間が来た、このことと言論の自由の関係は?イスラエルから来て、このジャーナリストに襲いかかった。『モスクワのこだま』は国の資金で機能していて、こんなことは世界のどこの国でも存在しない」と述べた。

    23日、フェリゲンガウエルさんはスタジオで襲撃にあった。男はラジオ局に侵入し、フェリゲンガウエルさんの喉を切りつけた。

    男は警備員により警察に引き渡された。男はイスラエル国籍を持ち、名前はボリス・グリスだと明らかになった。グリス容疑者は逮捕の際、フェリゲンガウエルさんとテレパシーによる繋がりをもっており、日記に詳述していると述べた。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント