20:28 2018年02月25日
東京+ 6°C
モスクワ-15°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領 「民族統一の日」で国民を祝福

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    ロシア
    短縮 URL
    2142

    ロシアのプーチン大統領はモスクワ・クレムリンの国家褒賞の授与式典で「(列席者の)皆さんと全てのロシア連邦国民に『民族統一の日』のお祝いを申し上げる」と述べた。

    スプートニク日本

    プーチン氏は受賞者に対し、ロシアやロシア語、歴史、文化に対するその特別な姿勢や愛情に謝意を表した。

    今回国家褒賞を受けたのはロシア人1名と、スペイン、スロベニア、セルビア、フランス、トルコ出身の外国人7名。

    民族統一の日という祝日は、2005年以降、毎年11月4日に設定されている。この日付は1612年の同日、クジマ・ミーニンとドミートリィ・ポジャルスキー率いる義勇軍がモスクワをポーランドから解放したという史実に基づいたもの。この歴史的な出来事は、ロシアの動乱時代を終了させた点でも重要な意味を持つ。

    この日、プーチン氏は赤の広場にあるミーニンとポジャルスキー像の献花式典に出席し、展示会の視察も行なった。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント