07:19 2018年10月22日
Ak12

露国防省、新たなカラシニコフ銃を採用【写真】

© REUTERS / Sergei Karpukhin
ロシア
短縮 URL
171

ロシア国防省は小火器の新モデルの採用を決定した。ロシア紙「クラスナヤ・ズヴェズダ」が報じた。

スプートニク日本

採用されるのはカラシニコフの自動小銃「Ak12」「Ak15」だ。

サンクトペテルブルクで潜水隊
© 写真 : Press service of Russian Navy
「A12」は5.45mm弾、「Ak15」は7.62mm弾を用いる。

高い性能に並び、これらは人間工学に基づいていることが特徴。例えば、左利きの兵士は左手でセーフティを解除できる。

さらに、最新の熱イメージング機器や夜用光学機器、レーザーレンジファインダーが搭載されている。

関連ニュース

露警察、音の大砲と超高精度狙撃銃を導入へ

露国防省、北極圏での海兵隊訓練の動画公開

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント