13:33 2018年06月23日
ウラジーミル・プーチン露大統領は、2期を超えて大統領職に立候補する予定はないとの意向を明らかにした。これについて同氏は、世界各国の通信社のリーダーや編集長が集うペテルブルグ国際経済フォーラムにて述べた。

プーチン氏、再選についての質問に回答

© Sputnik / Sergey Guneev
ロシア
短縮 URL
0 101

ウラジーミル・プーチン露大統領は、2期を超えて大統領職に立候補する予定はないとの意向を明らかにした。これについて同氏は、世界各国の通信社のリーダーや編集長が集うペテルブルグ国際経済フォーラムにて述べた。

スプートニク日本

同フォーラムの出席者の1人がプーチン氏の今後の政治人生について質問した。それに対して同氏は、ロシア連邦憲法を堅持していく必要があると答えた。

「ロシア連邦憲法には、連続3選は認められないと明らかに記載されており、私は現在2期目です。ご存知の通り、私はこれまで2度大統領職に就任しましたが、その後職務を退いています。それは、ロシア連邦憲法が3選目を認めていないからにほかなりません。」と、同氏は述べる。

また同氏は、今後もこの規則を遵守していくつもりであることを強調した。

同氏は、2018年3月18日の大統領選で4期目の当選を果たした。1期目の任期は2000年から2008年であった。同氏の大領領職の退任に伴い、2008年から2012年の間はドミトリー・メドベージェフ氏が同職を引き継いだ。

関連ニュース

プーチン大統領 首相に前職のメドベージェフ氏を推薦

ロシアの大都市で抗議デモ、モスクワとペテルブルクで数百人拘束【写真・動画】

タグ
選挙, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント