05:28 2018年10月21日
クリル管区政府「イトゥルップ島での戦闘機配備は露国防力を強化するのみ」

クリル管区政府「イトゥルップ島での戦闘機配備は露国防力を強化するのみ」

© Sputnik / Sergei Krasnoukhov
ロシア
短縮 URL
192

クリル管区行政府のロコトフ長官臨時代行は、多目的戦闘機「スホイ35S」がイトゥルップ(択捉)島に複数配備されたことについて、ロシアの東方辺境における国防力を強化すると考えている。

スプートニク日本

これに際し、ロコトフ代行によれば、ロシアの島々における航空兵器配備の事実に関する日本側による抗議は、伝統的な性格を帯びているという。ロコトフ代行は、ロシアがロシアの法体系の枠内で行動していると強調した。

ロコトフ代行は、「何らかの継続している理由により、日本は抗議している。しかし、これは日本の政策の伝統だ。我々はロシアの法体系の枠内で行動しており、これは我々の管轄権だ」と述べている。

それと同時に、地元政府は今後も、文化・実務交流の枠内で日本との協力を続けていく意向だ。

ロコトフ代行は、「これらは、我々の国の国防力と、我々の最も近い隣人との対話や文化的・経済的関係を軌道に乗せることという、異なる事柄だ。我々は、これらの概念を完全に分けている」と指摘している。

関連ニュース

日本、クリル列島での戦闘機配備でロシア側に抗議

タグ
露日関係, 日本, ロシア, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント