06:12 2018年11月17日
巡航ミサイル「カリブル」搭載(アーカイブ写真)

ロシア シリア沿岸に「カリブル」巡航ミサイル搭載船を派遣

© Sputnik / Alexey Malgavko
ロシア
短縮 URL
0 112

地中海配備のロシア海軍の船団に加わるため、巡航ミサイル「カリブル」搭載の最新の小型船「ヴイシニー・ヴォロチョーク」が出帆した。ロシアのマスコミが黒海艦隊広報部の発表を引用して報じた。

スプートニク日本

黒海艦隊広報部によれば、小型船「ヴイシニー・ヴォロチョーク」は今日にも艦隊の遠洋圏における常駐船団に加わり、課題遂行に入る。同船はセヴァストポリを出て、現在、ボスポラス、ダーダネルス海峡を通過中。

ロシアは2015年9月30日、シリアにおける作戦を開始しており、地中海には15隻の軍艦、補給船から成る戦隊が常時待機している。

関連ニュース

タグ
ミサイル, 軍事, ロシア軍, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント