16:36 2018年12月13日
露国防省

新兵器開発用スパコン、露で開発中

© Sputnik / Natalia Seliverstova
ロシア
短縮 URL
0 50

有望な国産兵器を設計するための近代的なスーパーコンピューターの開発がロシアで行われていると、カラシニコフ・コンツェルン傘下の科学生産合同「モルニヤ」のオリガ・ソコロワ最高責任者がスプートニクとのインタビューで明らかにした。

スプートニク日本

プロジェクトの主要目的は、科学研究の段階に始まり、プロトタイプ開発とその試験に終わる開発・生産のサイクル全体を国産設備に完全に移行させることだ。

中国の戦闘機、露で酷評
© AP Photo / Li Gang/Xinhua
ソコロワ最高責任者は、「この方向性における本格的な成果が既に存在していると言わなければならないが、詳細についてはまだ明らかにしない。パートナーや発注主の間で我々は認識を見い出しつつあるとだけ述べておく」と付け加えている。

製品は5年以内に製造される可能性がある。

関連ニュース

中国のステルス機J-20が、航空ショーで公開飛行

ロシア戦闘機SU-57の壮観な超低空飛行シーン【動画】

タグ
武器・兵器, 軍事, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント