01:46 2019年06月25日
ミサイル警報システムの

ロシア、ミサイル警報システムの改良を完了

© Sputnik / Mikhail Fomichev
ロシア
短縮 URL
1110

航空宇宙軍宇宙部隊のイーゴリ・モロゾフ第一副司令官は、地上型ミサイル警報システムの改良が完了したと明らかにした。

スプートニク日本

モロゾフ氏によると、昨年、最後の新型レーダー基地3基がエニセイスク、バルナウル、オルスクに設置された。

これにより、隙間のないレーダー域が完成。これまではソ連崩壊により一部のレーダー基地が独立国家共同体(CIS)諸国に残ったことで、一定の断絶があった。

モロゾフ氏は、米国が中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄通告を発表した今、警報システムは特に重要だと指摘した。

関連ニュース

米がINF全廃条約から離脱なら軍拡競争のリスク=露外務省

ロシア空軍、改良型迎撃ミサイルの発射に成功【動画】

タグ
露米関係, 軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント