10:16 2020年05月31日
ロシア
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシア・カリーニングラード中心部で、建設作業中に大祖国戦争中の重さ約500キロの大口径砲弾が見つかり、バルト艦隊の工兵らが処理した。

スプートニク日本

工兵らは1日で45ミリ砲弾1発、爆発物5個、砲弾6発も処理したという。

砲弾などはすべてカリーニングラード州の演習場に運ばれ、爆破によって処理された。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント